明治初期、斎藤月琴が描いた荒木町です。
池の周囲には茶店が立ち並び、階段を上ったところに
三階建ての温泉宿「菖蒲屋」が描かれています。
 
 徳川義勝が撮った「桐座」です。
歌舞伎を上演しました。
 
 昭和の初期、実際のお座敷です。
 
 見番で踊りのお稽古をする芸者衆。
 
 新見番お披露目舞台に立つ準備をする芸者さん。
 
 昭和30年代、お正月、金丸稲荷神社の前で。
 
左側の建物が「見番」の裏玄関。 
 
昭和33年「とんかつ鈴新」が荒木町に誕生 
 
 
初代「とんかつ鈴新」のおやぢです。
 
 
 
荒木町は「スリバチ地形」です。
 
 
 料亭「千葉」夜は最高。
 
「むちの池」、かっぱ池とも呼ばれている。
 
かっぱ池の主、「荒ちゃん」
 
石だたみの路地
 
石だたみの階段、良く撮影に使われる。
 
これからも「荒木町」は変化を続けます。
 
おわり